人気ブログランキング |
Lilypie Kids Birthday tickersLilypie Third Birthday tickers

カテゴリ:Art* 芸術( 38 )

TOSCA*

このステンドグラスは小学生達で作り、この作成にべべちゃんが参加させて頂きました。
そしてこの日、ステンドグラスの完成品とTOSCAのゲネプロも鑑賞させて頂きました。

a0103914_9292132.jpg

ストーリーは大人な話、全編イタリア語、三時間の長丁場で、しかも夜。
べべちゃん、途中で帰りたい、と言うかなあ、と思っていたけど、舞台に釘付けで終始集中して観いっていて驚きました。

日本語の字幕が出るも、ほとんど読めなかったみたいで、事前にトスカのストーリーは本を読んでいったものの、ほとんどわからなかったとか(汗)
それでも釘付けになるほどの舞台の迫力、美しさを感じたのだと思います。

私も、三時間が一瞬に感じるほど舞台にのめり込み、いい気分で帰宅しました。

身体中がまるで楽器のように響き渡る歌声。
話は暗く重いけど、空気を揺るがすその歌声たちと舞台芸術に酔いしれた夜でした。

こんな機会を頂けたのもべべちゃんのラッキーから。
感謝。



by bonjourmayu | 2018-09-05 09:29 | Art* 芸術 | Trackback | Comments(0)

ちひろ美術館*

ちひろさん生誕100年の特別展にて。
芸術とITの素晴らしい融合。
テーブルをタッチすると爽やかなメロディーの中、ちひろさんの画が涌き出て消えていく。

a0103914_2124863.jpg

真っ白な紙の上を歩くと、ピアノのポップな音とともに、にじみえが浮かび上がり消えていく。

a0103914_2124891.jpg

でもやっぱりこちらがちひろさんらしいのでは。
『絵本を見るための遊具』
ちひろさんの画で彩られた遊具。
絵本も飾られていて、好きに座って絵本を読むこともできます。

a0103914_212485.jpg

べべちゃん作品。
にじみ絵のブックカバー。

a0103914_212484.jpg

ちひろさんは下絵なしに、白を残して回りをぼかして輪郭を描かれたりしていたそう。
美術館には9500枚の作品が、一点ずつ和紙にくるまれ、桐のタンスにしまわれ、温度湿度が一定に保たれた金庫の中に所蔵されているそう。

彼女の画を見ていると心がふんわり春になる。
何度も訪れている大好きな美術館。



by bonjourmayu | 2018-08-29 21:24 | Art* 芸術 | Trackback | Comments(0)

野点セット*

先日友人が、購入したばかりの野点セットを携えて遊びに来てくれました。
本当は外で野点をしようと思っていたのが、あいにくの雨で、急きょお家にて。
a0103914_115292.jpg


セットを入れた入れ物を撮り忘れたけど、まず入れ物を決めて、茶碗や茶器等々全て好きにセットにしていくそう。
茶筅以外はその作家さんが全て作られているそうで、あまりの可愛いさに歓声を上げてしまいました。
友人はキャンプが大好きで、キャンプをする時にお抹茶で一服したいそうで、入れ物を運びやすく傷もつきにくい硬い入れ物にしていましたが、かごや、漆等もあるそう。
ところでなんてオシャレなキャンプ‼
一緒に行きたい❤

a0103914_1152847.jpg
(この小さな茶器に入る可愛いお菓子も用意してくれました。鳩さんと金平糖。)

この小さな抹茶茶碗で頂くと、小さな小さな小宇宙に入り込む感覚で、なんとも言えない不思議体験でした。
a0103914_1153049.jpg




by bonjourmayu | 2018-06-16 11:20 | Art* 芸術 | Trackback | Comments(0)

サントリーホール*

a0103914_9414077.jpg

『世界一美しい響き』と言われるサントリーホール。
子供達に聴かせたく、オープンハウスへ行ってきました。

5898本のパイプを持つパイプオルガンの演奏とオーケストラ演奏を聴かせて頂きました。
音を作るというワークショップもあり、子供達もご満悦。

指揮者の方がとってもユーモアのある女性で、指揮者への見る目が変わりました‼

一流がすぐそばにある贅沢。
ありがたや。



by bonjourmayu | 2018-04-17 09:41 | Art* 芸術 | Trackback | Comments(0)

安藤忠雄展*

新国立美術館へ、安藤忠雄の光の教会を見に行ってきました。
a0103914_10465982.jpg


この日はトークショーがある日。
なんと至近距離でお話を聞かせてもらい、あのブラックジョークにユーモア、大笑いしました‼
そうそう!これこれ!
冗談って、ほんま大切!
と思った。
(東京の方々はシラーってしてる所もあったけど、そんな中でもガンガン言う彼のパワーは素晴らしい‼)

子供達にも、ニコニコ話しかけて下さり、その笑顔の優しいこと。
その笑顔から、社会還元にも力を入れてらっしゃるのは、次世代の未来作りを本気で取り組まれているんだな、と感じました。
a0103914_10465953.jpg

いつもポケットに鉛筆を忍ばせているべべちゃん。
お料理が来るまでに、お絵描き。
安藤忠雄のデッサンに触発されたのか、近くにあるものをデッサンしていました。
(鉛筆短っ!!)
a0103914_1054014.jpg

by bonjourmayu | 2017-10-31 10:47 | Art* 芸術 | Trackback | Comments(0)

似顔絵*

ひょっこり、「似顔絵描きます」というご夫婦に出逢いました。
べべちゃんは「描いてほしい‼」と、かなり乗り気。
母がパトロンとなり描いてもらうことになりました。

旦那様がデッサンをされ、奥さまが色付けをされます。
楽しそうに、サッサッサ~と完成していく様はマジックショーみたいでした。
優しいタッチの色使いが和みます。
a0103914_1035516.jpg



緊張してモデルをしていただろう、べべちゃんの握り拳まで描かれていて、逆にゆったり構えていただろうフィユちゃんの落ち着いた様子もうかがえ、クスッとしてしまいました。
性格まで捉えている様で、写真とは違った趣があります。
a0103914_10355234.jpg


by bonjourmayu | 2017-09-05 10:35 | Art* 芸術 | Trackback | Comments(0)

能楽体験*

a0103914_12302019.jpg


実際に使われているお面をかぶり、舞台を歩かせて頂きました。
かなり視界が狭くなり、視界に伴い音まで違って聞こえるように感じました。
初めてスキューバダイビングをしたときに感じた、あの閉塞感と不自由さ、地球に生かされているという、壮大な感覚を感じました。

実際にお能は、老いや不安を前にどう生きていくかを表していると、お話がありました。
深く納得。

a0103914_12302186.jpg

べべちゃんは和太鼓も叩かせて頂きました。
力強い唄と柔らかくも感じる太鼓の音が合わさると、ぞくぞくと鳥肌が立ちました。

日本の伝統芸能に触れると、やはり私は日本人だなあ、とDNAが喜ぶ感覚を覚えます。




by bonjourmayu | 2017-08-14 12:30 | Art* 芸術 | Trackback | Comments(0)

国際子ども図書館*

この一帯がアカデミックな雰囲気で、ロンドンの大学街を彷彿させるお洒落な場所、という印象。
明治39年(1906年)に帝国図書館として建てられたルネスサン様式の洋館で、東京都選定歴史建造物に選ばれています。
a0103914_11329.jpg

昔は押して開ける扉は珍しかったようで、こんなプレートが!
この字体もツボです。

a0103914_113562.jpg

このテーブルがセットの椅子は、いつまでも本を読んでいられそうなくらいかなり快適でした。
我が家にも1脚欲しいなあ❤️


a0103914_113644.jpg



100歳を越えたシャンデリアも、現役!
アンティークガラスはほんと好き。
灯りの陰影がなんとも優しい。
天井の高さ、窓枠の形、窓からの眺め、この解放感、たまらなくお洒落。

a0103914_11337.jpg

世界を知るへや、に蔵書されている本は、私が興味津々な本がたくさんあり、
また天井の鏝絵(こてえ)と寄木細工の床がお洒落で、こんな素敵な空間で本が読めるって、ほんま贅沢!

子供にこそ本物と一流を身近に‼
いつまでも受け継がれて欲しい空間です。


by bonjourmayu | 2017-06-22 11:03 | Art* 芸術 | Trackback | Comments(0)

大英自然史博物館展*

子供達に見せたい!
と思いつつ、整理券を配るほどの大人気なので、いつ行こうかとタイミングを見ていたら平日のある日に行けることになりました。
ラッキーな事にすっごく空いていて、ゆったり観れました。
a0103914_16572026.jpg

ロンドンにある大英自然史博物館には8000万点余りの標本が所蔵されており、国外での紹介は初めてで、しかも大英自然史博物館でも公開されないものも多数展示されているそうです。

かなりの見応えでした。
フィユちゃんも釘付け!
特にキリンの首はまるで生きているみたいなのに、首しかないし、不思議で不思議でたまらない様子。
他の動物達も生きているみたいで、「???」と不思議な様子でした。
(ロスチャイルドコレクション アメリカ)

a0103914_165721100.jpg



この蟹がすっごく大きくて、「食べたらお腹いっぱいになりそう❤️」と言ったら、
ベベちゃんに「食いしん坊( ̄O ̄)」と呆れられた私(笑)
(世界最大のカニ タカアシガニ 日本)

a0103914_16572285.jpg

ミイラを初めて観ました。
ベベちゃんもこちらに釘付けでした。
(2000年以上前の生け贄にされた猫のミイラ エジプト)

a0103914_16572324.jpg


今のCG技術の素晴らしさにも感動しました。
1万2千年前という気が遠くなるくらい昔の骨から、姿形を想像してまるでそこにいるかの如く映像になっていました!!
子供達も不思議でたまらないよう。

本当に素晴らしい標本の数々を見せてもらえました。


by bonjourmayu | 2017-06-10 16:57 | Art* 芸術 | Trackback | Comments(0)

秋を満喫*

a0103914_1033152.jpg

先日薪能を観てきました。
ずーっとこの日を楽しみにしていました。
ベベちゃんに見せたかったのです‼
まずはあらすじの説明が夕暮れ頃から始まります。
そして日も落ちた頃に「火入り」。
緑の中で木々の香りを感じながら、かがり火の灯りの中演じられる日本伝統芸能。
鳥肌が立ちました!
肝心のベベちゃんは、あらすじがちと長目でその辺りで飽きてしまいましたが(涙)
しかし、分かりやすい演目で滑稽な狂言の動きに、少しは楽しめた様子。

a0103914_1033371.jpg

人間国宝野村万作氏の佇まいは、そこにいらっしゃるだけで、ただならぬ存在感でした。
野村萬斎氏の引き締まったお顔、凛とした表情、美しかった‼
日本の伝統芸能に触れ、日本人であることを誇りに感じました。

・・・・・
そして別の日、近所の神社のお祭りに。
二人とも御輿をひかせてもらい、太鼓もたたかせてもらい…
2時間!よく歩きました。
a0103914_1033231.jpg

伝統芸能にしろお祭りにしろ、続く、続ける、って並みならね努力の賜物だと感動しました。

(薪能のお写真は撮れなかったので、お祭りの写真を)

by bonjourmayu | 2016-10-19 10:33 | Art* 芸術 | Trackback | Comments(0)


create your own visited country map or check our Venice travel guide